読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マヤ暦で解く☆自己治癒力アップ健康法&オーガニックライフ

マヤ暦と栄養療法を組み合わせた講座をロンドンで開いています。心と体の両方を整えてこそ、調律される「生きる流れ」。食べているもののことをよく知って、美味しくて健康な食生活を目指すブログ。

予防医学とも呼ばれる栄養療法。お医者さんにかかる前に日々の食生活から見直してみませんか?カロリーがすべてではありません。食材本来の力で人間の体に必要な栄養素をちゃんと摂取していれば、病気知らずでいられるのです。

約3ヶ月ぶりに第2回目の講座!

f:id:richaswife0822:20160928172631j:plain

マヤ暦で解く自己治癒力アップ&オーガニックライフ講座の第2回目、昨日、無事に開くことができました!

 

第2回目の講座では、「調味料について改めて考えてみよう!」をテーマにあれこれ盛りだくさんにお話させて頂きました。

 

第1回目でやったことをおさらいしつつ、実践したことでこの3ヶ月で何が変わったか、そして次回に向けて一人ひとりのフォロアップからスタート。

マヤ暦からは、それぞれ健康に気をつけなければいけない体の部位、それに対してどういう食生活を行えばいいのか、などのアドバイスもさせていただきました。

 

前回の食事内容から、全体的に意外と炭水化物を多めに摂ってる方が多く、炭水化物をちょっぴり減らして、その代わりに植物性たんぱく質にしてみることや、必須脂肪酸のオメガ3を1週間に2回以上は取ってみる!などのお話もしてみました。

全てはバランスなんですよー。

 

そのあとは、三大栄養素のお話、調味料には欠かせない「さしすせそ」の正しい使い方や選び方など、パワーポイントにして約50スライドを2時間弱でお話。

 

三大栄養素は、良いもの、悪いものをきちんと理解しておく必要があります。

そこを理解しておくと、自分には何が必要で、何がいらないものなのか、わかるようになり(体が教えてくれます)、広告や宣伝でよく耳にする言葉に惑わされることは無くなります。

 

毎日使う、醤油や塩、砂糖などの正しい選び方は好評でした。

 

特に油の選び方、摂り方!!

 

油は、どうしても敬遠されがちですよね。

でも、人間が生きていく上で必要不可欠なものなんです。そこには知っておかなければならない「摂り方」があるんですよ。

 

 

f:id:richaswife0822:20160928172656j:plain

私は、この3つの油を日常の食生活でよく使っています。

(写真には写ってませんが、オリーブオイルも!)

 

写真左から、

 

菜種油 (Rapeseed Oil)

亜麻仁油 (Flaxseed Oil)

発酵バター

 

特に亜麻仁油は、必須脂肪酸オメガ3がたくさん摂れるので、お魚が苦手な人には是非摂っていただきたい油。

 

発酵バターは、普通のバターと違って、乳酸発酵させてから作るバターなので、腸内に届くと、悪玉菌を抑え、善玉菌を増やす働きをしてくれます。

ヨーロッパでこのバターが主流ですが、残念ながら日本ではまだあまりないようですね。

もちろん、バターですので摂りすぎは禁物ですが、同じバターを使うならこちらがオススメです。

 

他にもたくさん種類のあるオイル。どのオイルをどうやって使うと効率よく摂取できて、そして、摂りすぎずに普段の食生活に取り入れていくか、というお話もさせていただきました。

 

ご参加いただいた方々からは、

 

最初、難しい話なのかな、と思っていたら、最後の方で話が全部繋がって楽しかった。これなら自分でも食生活に取り入れていけそう!

 

わかりやすい図や表があって、体の仕組みも理解でき、摂るべきもの、摂らなくていいものがはっきりわかった。

 

など、またまた嬉しいお言葉をいただきました!!

ありがとうございます!!

 

内容の濃いお話の後は、ヘルシーランチ。(最初の写真)

本日のメニューは、

 

鯖の味噌煮(自家製甘酒と自家製味噌で煮ました)

いんげんの胡麻和え(自家製醤油麹と甘酒で味付け)

大豆入りのひじきの煮物

マヨネーズなしのコールスローサラダ

発芽玄米ご飯

卵とトマトのシンプルスープ

 

 

第一弾の味噌が出来上がったので、自家製味噌、醤油麹、塩麹の販売をしてみました。その使い方や味を実際にランチでご賞味頂こうと。

 

お陰様で味噌は完売!またせっせと仕込まなくちゃ。笑。

醤油麹や塩麹も使い方が分かると健康な食生活に一歩近づける気がして嬉しいですよね。

 

そんなわけで、次の第3回目は、間を空けず、10月25日(水)に開催予定です。

ご興味ある方は、ぜひご連絡くださいねー。