読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マヤ暦で解く☆自己治癒力アップ健康法&オーガニックライフ

マヤ暦と栄養療法を組み合わせた講座をロンドンで開いています。心と体の両方を整えてこそ、調律される「生きる流れ」。食べているもののことをよく知って、美味しくて健康な食生活を目指すブログ。

予防医学とも呼ばれる栄養療法。お医者さんにかかる前に日々の食生活から見直してみませんか?カロリーがすべてではありません。食材本来の力で人間の体に必要な栄養素をちゃんと摂取していれば、病気知らずでいられるのです。

初のプライベート・レッスン!

f:id:richaswife0822:20161222061926j:plain

クリスマスも年の瀬も迫ってきておりますが。

ありがたいことに初のプライベート・レッスンをさせて頂きました。

 

とあるお料理教室で知り合ったTさん。

帰りの電車が一緒だったので、その時にいろんな話をさせて頂きましたが、健康の話になり、その症状をお聞きしていると、今すぐにでも食事療法が必要な感じ。

 

Tさんに今、必要なことを話していたら、電車を降りる頃に、

ぜひプライベートでやっていただきたい!とお話ししていただきまして。

私に精一杯のことをさせてもらえるなら、とやってみることにしました。

 

Tさんの症状を聞き出していると、実に様々な病気の予備軍であることが発覚・・・。

そのうちの一つが、骨粗しょう症でした。

 

女性は、加齢と共に女性ホルモンが減っていきますが、それにより骨粗しょう症の発症確率も増えてきます。もちろん、女性全員がなるわけではありませんが、ホルモンバランスが崩れる40代、50代から少しずつ体は変わっていき、50代、60代の閉経と共に骨粗しょう症になってしまう方が多いのです。

 

えっ?骨とホルモンが関係してるの?

と思われるかもしれませんが、体の複雑なプロセスの中ではそれは密接な関係なのです。

 

Tさんは、40代前半ですが、ストレス(特に海外で暮らすストレス)や食生活の変化(日本食中心だったのが、欧米食が増えたことなど)が原因で生理がここ1年ほど止まっており、もちろん、閉経するにはまだ早い年齢なので、まずはここから。

 

3日間の食事日記を見せて頂くと、優秀なほどにきちんと食事はバランス良く摂っている様子だし、食材もオーガニックのものにこだわっていたり、なるべく発酵食品を摂ろうとしていたり。一見、何に問題もなさそうですが、話を突き進めて行くうちに意外なことが発覚。

 

食事を少しずつ1日5回だったり、全く摂らない日があったり、時間もバラバラだったり。

 

実は、これ、すごく重要なんですよ。

日常生活のほんの小さなことでも体のバランスは崩れることはあります。

 

食事を1日に何度も摂っている場合、1回の量は少ないからいいだろう、と思っていてもそれが逆効果。

 

人間の体は、食べ物を口にするとそれがたとえ少量だったとしても必ず血糖値が上がるようにできています。血糖値が上がると、それを抑えようと膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。それを何度も繰り返していると、インスリンがいつどのタイミングで分泌していいのかわからなくなり、ずっと分泌し続けてしまい、それが糖尿病の原因になったりするのですが、まさに!ホルモンバランスを崩していく原因でもあり、骨粗しょう症の原因でもあるのです!!

 

ホルモンは、体のあらゆる部位から分泌されていて、その仕組みは複雑すぎてここでは説明しきれませんが、一つが崩れると、綿密に重なり合って支えあって分泌し合っている他のホルモンも崩れていきます。それに加えて、加齢によるホルモンバランスが入ってくると、その速度は増すばかり・・・。

 

まずは、小さなことですが、食事を1日3回なら3回、2回なら2回、同じくらいの時間にしっかり食べる。

ということが、重要です。

 

さらに!

 

Tさんの場合、バランスのとれた食生活、いい食材のものを食べているはずなのに、それが体に反映されていない=消化吸収に問題があるのではないかと睨んでいます。

 

現に、痩せ型で脂が少ない、と健康診断で言われたらしく、油物を食べようにも胃がもたれてあまり食べられない、とのこと。

 

油物はどうしても嫌煙されがちですが、必要な脂質はきちっと摂らないとこれもまた、ホルモンバランスに影響してきます。

脂質の取り方、炭水化物の取り方、たんぱく質の取り方がそれぞれ重要になってくるのです。

 

・・・と、今回、お話できたのはここまで。

 

実は、栄養療法のお話をする前にTさんのご希望でマヤ暦のセッションを先にやったのですが、ご家族のこと、お子さんたちのことなど、いろいろな悩みが浮き彫りに。

Tさんの心の中にあったものが、一気に溢れ出してきて、

「こんなこと、会って2回目の人に言うことじゃないんですけど・・・」

と恐縮されながら、マヤ暦の結果とご自分の気持ちを照らし合わせながら、一つ一つ心の整理をするお手伝いをしました。

 

実は、どんなに素晴らしい栄養療法をしたとしても、心が病気では意味がないのです。

 

心が元気になれば、胃腸もちゃんと働いて、体を作ってくれる。

心が病気ならば、どんなにいいものを食べていても体は働いてくれません。

 

それを実感したレッスンでもありました。

 

前半のマヤ暦のセッションが長くなってしまい、栄養療法のお話が「おまけ」程度になってしまったのは申し訳ないと思いましたが、Tさんが帰られる時に、

 

「なんかすっきりしました。いろんなことが解決の方向へ向いていけそう。

そういうヒントをいっぱいもらえて、光の道筋が見えたみたいです!」

 

と言ってもらえて、お顔も来た時とは全く違う表情になって帰られました。

素直に嬉しかったですねー。

 

やっぱりマヤ暦と栄養療法はセットでやっていこう!と改めて思えたプライベート・レッスンでした。

 

さて、Tさんの経過はもちろん、これからも診ていくつもりです。

1ヶ月後に、また来ていただいて体と心の状態を見ながら、Tさんに合った食事療法を提案していく。それを3ヶ月くらい続けていきます。

 

3ヶ月後、Tさんがどんな風に変わっているか、今からとっても楽しみです。

その分、私も頑張らねば。

 

最後になりましたが、せっかくなのでお料理も出しました。

メニュー(写真)は、

 

鯖の味噌煮

蒸しブロッコリーとトマトの玉ねぎドレッシングがけ

(醤油麹使用の手作りドレッシング)

大根と人参の煮物

いんげんの胡麻和え(醤油麹とタヒー二使用)

雑穀米とキヌア入りご飯

卵とトマトのシンプルスープ

 

でした!

 

これが今年最後の記事になるかと思いますので、皆様にご挨拶。

今年も「マヤ暦で解く☆自己治癒力アップ&オーガニックライフ」を読んでいただき、ありがとうございました。

来年は、皆様がもっとご自分の治癒力を信じていけるようにお手伝いできたらと思っています。来年もどうぞよろしくお願いいたします!!